ショコラプール

「ショコラプール」に
込めた思い

アンリ・シャルパンティエの菓子一つ一つには、素材選びから製法まで、さまざまなこだわりが詰まっています。ときには一からオリジナル素材を作る、あえて手間のかかる製法を選択するなど、お客様の笑顔を想像しながら、妥協なき美味しさを追求しています。2019年には新たなチョコレートブランド「ショコラプール」を発表。「ショコラプール」のブランド名は「新しいチョコレート菓子を生み出す研究所」をイメージして考案されました。「プール」は、アンリ・シャルパンティエが長年培ってきた「歴史」や「信頼」、「技術」などの象徴。そこにスイマーが飛び込むように「新素材」「新技術」「クリエイター」などの要素が加わることで、プールの中では新しいチョコレート菓子が生まれます。

伝統と革新が生み出す
最高級のチョコレート菓子

アンリ・シャルパンティエのシェフのなかには、日々腕を磨きながら、本場フランスでの研修を受ける者や、日本代表としてお菓子の世界大会に出場し、高い評価を受ける者がいます。「ショコラプール」全商品の開発は、1995年、アンリ・シャルパンティエ入社の実力派シェフ・駒居崇宏氏が担当。職人としての技と感性で、これからもこだわりの美味しさを求めていきます。「ショコラプール」は、積み重ねてきた伝統や技術に新しい意見を取り入れ、見た目も味も高品質のショコラを追求し続けています。

代表商品に、
チョコレートをまとわせて

アンリ・シャルパンティエの看板商品といえば、しっとり感と芳醇な香りが魅力の焼き菓子「フィナンシェ」。決め手となる素材は、北海道釧路産の生乳を使用し、フランスの伝統製法を用いたオリジナルのバターです。またアーモンドにもこだわっており、甘味が凝縮されたカリフォルニア産を厳選して使用しています。風味の豊かさを守るため、皮付きのまま輸入し、自社で挽いてから10分以内に生地に混ぜ込んでいます。年間の販売個数において、6年連続でギネス世界一に認定されています。「ショコラプール」の菓子は、フィナンシェをはじめとしたアンリ・シャルパンティエの代表商品とチョコレートを掛け合わせて製造されています。

スイーツで味わう
「プールサイド」のわくわく感

2021年、「ショコラプール」は「プールサイド」をテーマに商品を展開。ショコラが、サングラス・浮き輪・パラソルなど、プールサイドのさまざまなアイテムに姿を変えており、見た目も味も楽しめるラインナップです。プールサイドに出た瞬間は、これから始まる楽しい時間に、気分が高まる人も多いはず。同じ高揚感を「ショコラプール」のスイーツを通してぜひ味わってみてください。

商品から選ぶ